三浦翔平、好きな女子のタイプに南キャン山里もツッコミ 「中学生じゃん」

「あざとい」を独自解釈している三浦さんのエピソードにスタジオが騒然となりました。

三浦翔平
(©バーニングプロダクション)

21日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に出演した俳優の三浦翔平さんが、独自の「あざとい」理論を披露しました。


■結局男は…

最初のテーマは「外見と内面のギャップで攻めるあざとい女」。”あざとい代表”のフリーアナウンサー・田中みな実さんですが、「三浦さんはこういう女性のことをあまり好きじゃないと思う」「軽蔑しているところすらありそう」と予想。

しかし三浦さんは「好きなんですよね」とコメントし、「結局男はそれが好きなんですよ」と赤裸々に告白しました。

意外な一面に、田中さんは「そういうタイプ? 思ってたマサと違うわ」と共演したドラマにかけたコメントで不服をアピールしていましたが、三浦さんは「マサじゃないのよ、ショウなのよ」と反撃しました。


関連記事:田中みな実と白濱亜嵐が謎のキスシーンを熱演 「なんでここで…」と視聴者困惑

■「全部好きです」とチョロい一面も

また、板野友美さん演じる”あざとギャップ女子”VTRで紹介されたのは、帰り際に柚子胡椒をプレゼントし、鍋パーティーにこぎつけた場面。これに三浦さんは「美味い柚子胡椒だったらテンション上がりますよ」と絶賛。

田中さんは「でも鍋パに誘導してるわけじゃないですか」と騙されてるということを伝えても、「全然気づかない!」とその自然な行動に心奪われている様子。

あまりの引っ掛かり具合に、山里さんは「イケイケに見えて意外とピュアな少年みたいなところがある」と指摘しました。

続きを読む ■「布面積が少ない女性はあざとい」

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事