気象予報士・森田正光の『鬼滅の刃』考察に大反響 「目頭が熱くなりました」

気象予報士・森田さんが綴った、専門家ならではの考察が大絶賛されています。

鬼滅の刃 映画

お天気キャスターとしても大人気の気象予報士・森田正光さんが、18日『鬼滅の刃』に関する独自の考察を公開。

ネットでは大反響が巻き起こっています。


■森田さんがトレンド入り

現在、社会現象を起こしている『鬼滅の刃』(集英社)。映画『無限列車編』も記録的な興行収入を記録しており、連日様々な側面から話題になっています。

そんななか、ツイッターでは18日、気象予報士・森田さんがトレンド入り。気候の専門家ならではのガチすぎる考察を公開し、一時トレンド上は森田さんと鬼滅関連が多数ランクインするほどとなりました。


関連記事:『鬼滅の刃』声優、天狗疑惑に秀逸な返し 「まさかのぶっ込んできた」

■専門家ならではの目線

今回、森田さんが公開したのは、劇中の戦いがいつ行われたかという考察。ほとんど予備知識なく映画を見てきたという森田さんは、劇中に出てくる「月の形」が気になったのだそう。

記事内では、月の形やキャラの服装から気温や季節を推測。当時の天気図を参考資料とするなどし、かなり専門的ながらわかりやすく考察を綴っています。

記事は一部ネタバレになるため、映画を見る前の人はご注意ですが、読み終わったらまた映画を見たくなりそうな見事すぎる内容です。

続きを読む ■深い内容に大絶賛の声
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事