紅白歌合戦の出場歌手が決定! 注目アーティスト落選に「何故だ」の声も

16日、NHKでは『第71回NHK紅白歌合戦』の出場歌手を発表。ツイッターでは喜びや驚きの声が上がっているようです。

第71回紅白歌合戦16日、NHKは『第71回NHK紅白歌合戦』の出場歌手を発表しました。 今年はどんなアーティストが出場するのか? ツイッターでは歓喜や嘆きの声が入り乱れているようです。


画像をもっと見る

■総勢42組が決定

新型コロナウイルスの影響で、始まって以来初の無観客での開催となる『第71回NHK紅白歌合戦』。今年は、司会に大泉洋さんが抜擢されるなど、例年以上に話題になっています。

そんななか、NHKでは出場歌手を決定。初出場に、紅組6組、白組3組、企画1組の合わせて10組。総勢42組のアーティストを発表しました。

発表後、ツイッターでは続々アーティストやグループの名前がトレンド入りし、賑わっているようです。


関連記事:純烈、メンバーのひとりがサラッと整形告白 「ヒアルロン酸ぶちこんで…」

■NiziUやSixTONESらが初出場

毎年話題となる、初出場者。今年は、オーディションの様子からデビュー前に爆発的人気となった「NiziU」や、海外での人気も高い「BABYMETAL」。さらにドラマやアニメの主題歌でおなじみの「milet」らが決定。

また、ジャニーズからは「SixTONES」「Snow Man」が初出場。さらに自粛中に動画からジワジワとブームになった”ドルチェ&ガッバー”でおなじみ「瑛人」が選出されました。

続きを読む ■12年ぶりの出場でファン歓喜

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事