キンコン西野、自身イジるテレビ番組台本への違和感 「ストレスやねん」

キングコング・西野亮廣さんが自身の仕事をイジる台本について本音を述べました。

西野亮廣

お笑いコンビ・キングコングが15日、YouTubeチャンネル『毎週キングコング』に新たな動画をアップ。

バラエティ番組の台本への違和感を、西野亮廣さんが相方・梶原雄太さんに語りました。


■あちこちオードリーにコンビで出演

この日、ふたりは冒頭で『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)にコンビで出演したことを報告。収録時間1時間半弱で2週分の撮影と、非常にコスパの良い撮影だったことを明かします。

そして、同番組には台本が一切なく、結果的にカジサックさんが本来の実力を発揮できた…という話から、バラエティ番組における台本事情について移行していくことに。


関連記事:カジサック『おかべろ』出演で不安 「俺、写ってないんちゃうかな」

■「変な台本」「ストレスやねん」

「こんなこと言うと角が立つけど…」と前置きしつつ、西野さんは自身をイジるバラエティ番組の台本について、「こっちがやってることを理解できてへんから、変な台本になってる」ことを指摘。

「オンラインサロンってよくわかりません。だけどイジりますっていう感じ」だそうで、「ストレスやねん」「知らなければ知らないでめちゃくちゃ丁寧にやるから黙っておいて」と思っていることを明かします。

続きを読む ■「面倒くさい」「全部間違ってる」

おすすめ記事