松本人志、山下智久の退所に「やるせない結末」 ジャニーズの報道に苦言も

15日放送の『ワイドナショー』では、山下智久さん・近藤真彦さんの話題に触れました

松本人志

15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、俳優・山下智久さんが、10月31日をもってジャニーズ事務所を退所した話題を取り上げました。

コメンテーターを務めるダウンタウン・松本人志さんは、不倫報道のあった近藤真彦さんの件にも触れ、“ジャニーズ事務所”の報道の仕方に苦言を呈しました。


■「彼のファンクラブに入っていたら…」

8月、スキャンダルが報じられた山下さんに対して、記者会見予定がないことや、飲酒問題だけを取り上げ「未成年女性と8時間ホテルで過ごした」ことを触れない報道に「モヤモヤしてしまう」「山Pは俺の“モヤモヤタレントリスト”に入っちゃう」と話していた松本さん。

山下さんのファンクラブに入っている方々には、1日に更新のお知らせが届いていたことも話題になりましたが「もし、僕が彼のファンクラブに入っていたら、やるせない結末だと思う」と持論を展開しました。


関連記事:松本人志、山下智久の報道に苦言 「極楽の山Pの時はひどかった」

■「自粛って…」

続けて「“自粛”って自らが活動を停止するっていうことじゃないですか。でも、これは事務所が言った“活動自粛”であって、本人は納得しなかったということでいいんですよね?」と確認。

自粛期間中に海外からオファーを受けたことで退所を決め、現在はカナダで撮影をしている山下さんに「ジャニーズさんに対しては、どっかみんな優しい」と、やはりモヤモヤしてしまうことを明かしました。

続きを読む ■マッチの不倫報道にも言及

おすすめ記事