博多大吉、新橋で見かけた「令和2年の喧嘩」に衝撃 「浸透してる」

4日放送のラジオ番組で「令和2年の喧嘩」を目撃した博多大吉さんが詳細を語りました

博多大吉

4日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ系)で、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉さんが、昼間の新橋駅で目撃した出来事を語りました。

車を運転する男性と、自転車に乗った男性が揉めた結果に衝撃を受けたようです。


■新橋駅前での出来事

先日の昼間、汐留にある日本テレビの仕事前に、近くにある新橋駅前の“Sl広場”を歩いていたという大吉さんは、車のクラクションが聞こえてきたそう。

大吉さんの体感では、5秒以上鳴り響いていたというクラクションは「もう事件を予感させる」「何かしらの揉め事を予感させる」と思うほどのものだったようです。


関連記事:博多大吉、志村けんの親友、千鳥・大悟からの言葉を明かす 「最近は…」

■前をノロノロ走る自転車にクラクション

クラクションが鳴っている方向を確認した大吉さんが目にしたのは、SL広場前の細い道を走る車と、車の前を自転車でノロノロと走るおじさんの姿。

車道を走る自転車にクラクションを鳴らすも、避けたくても狭い道中に停車している車があるために避けられない自転車に乗る男性…。

ずっとクラクションを鳴らされことに苛ついたのか「うるせぇ、この野郎!」と、キレはじめたとか。

続きを読む ■大吉「絶対喧嘩始まる」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事