『zero』で取り上げた「生理と仕事」に反響 低用量ピルの紹介に困惑も

生理痛

3日、『news zero』(日本テレビ系)では「女性のカラダを守る新習慣」について取り上げ、「10年後の生理と仕事」をテーマに放送しました。 街頭インタビューでは「機嫌が悪くなる」「痛みで急に倒れたこともある」など、女性たちは生理中の悩みが紹介されましたが、生理前に心やカラダが不調に鳴る「月経前症候群(PMS)」や、激しい痛みや吐き気を伴う「月経困難症」など、人によって症状は様々。 人には言いづらいとされる「生理」を新たな仕組みでサポートする企業を紹介しました。  

続きを読む

おすすめ記事