『ヨシヒコ』に『るろ剣』…有名撮影所が悲痛な現状を吐露 激励の声続々

有名作品の撮影所となったオープンスタジオが、ツイッターに拡散希望を投稿。応援の声が集まっているようです。

スタジオセディック庄内オープンセット ツイッター
(画像はスタジオセディック庄内オープンセットツイッターより)

3日、ツイッターで悲痛な拡散希望の投稿が注目をあびることに。ツイートしたのは映画などで使用される山形県のオープンセットのアカウント。

一体なにがあったのか…ネットでは激励の声が集まっているようです。


■有名作品の撮影所

今回「どなたか拡散していただけませんか…」という切羽詰まった投稿をしたのは、山形県鶴岡市にある「スタジオセディック庄内オープンセット」の公式アカウント。

オープンセットとは、映画撮影で建てたセットを保存し、一般公開している撮影所のこと。

同スタジオは、美しい山間に囲まれた庄内地方の南東に位置し、映画『るろうに剣心 京都大火編』(松竹)や『おくりびと』(松竹)、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)など、名だたる有名作品が撮影されたファン必見の場所でもあります。


関連記事:ムロツヨシ、またもやアカウント乗っ取り被害に 「のっとった、うむ」

■迷いの末の訴え

そんな人気スタジオは、拡散希望に続いて「スタジオセディックは破産していません…それは元運営会社です…」「2014年以降別会社が運営しています…」と訴えます。

どうやら、元運営会社の「庄内映画村」が自己破産をしたことが報道され、”元”ということを知らない視聴者から問い合せや、「もう行けないのかな」といった趣旨のツイートが多くあったよう。

「このような内容を掲載するべきか迷った」としつつ「【もうなくなったもの】とされるのはとてもつらく…今回掲載させていただきました」と心情を吐露。さらに「元運営会社を批判するものではないこと、ご理解いただければと思います」と綴っています。

続きを読む ■ファン安心の情報も

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事