コロチキ・ナダルのすべてを考案 相方のプロデュース力に反響

芸名も衣装もギャグもネタも…

ナダル

3日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』 (テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズが登場。

ナダルさんのすべてを相方・西野創人さんがプロデュースしていたことを明かしまし、視聴者から驚きの声が上がっています。


■“ナダル”の名付け親

ナダルさんの芸名の由来は、プロテニスプレイヤーのナダル選手から。「坊主頭でいい声で、キャラ的に変わっているので、本名よりも芸名のほうがいい」と考えた西野さんは、3文字のカタカナがベストと考え、命名したそうです。

ナダルさん自身も玩具の「Mr.ポテトヘッド」から“ポテト”と自分で発案したそうですが、それは「狙いすぎ」と却下したとか。

また、西野さんが考えた芸名に対し、ナダルさんは「年下のお前がつけた名前で活動するのはイヤやから、俺が考えたことにするならええよ」との条件で承諾したそうです。


関連記事:アンタ柴田、相方・山崎弘也と“コンビ復活”に 「家で泣いってから」

■衣装もギャグもプロデュース

昔は黒シャツの衣装だったナダルさんですが、西野さんは「キャラを際立たせるためにトレードマークが必要」と考え、衣装を白タートルとデニムジーンズに変更します。このアイデアに対し、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんは「異様さがすぐ伝わる」と絶賛。

さらに、西野さんが「やっべーぞ!」「イッちゃってる!」のギャグも作ったことを告白し、スタジオを沸かせます。そのギャグもまた、ナダルさんは「俺が考えたことにするなら…」と受け入れたそうです。

続きを読む ■ネタもすべて考えた結果…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事