加藤浩次、伊藤健太郎容疑者に言及 「事故を事件にしてしまった」

加藤浩次さんが、伊藤健太郎容疑者の事故について考えを述べました

加藤浩次

29日、俳優の伊藤健太郎容疑者は、車の運転中にバイクに衝突後、その場を立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されました。

30日放送の『スッキリ』では、この事件について取り上げ、MCを務める加藤浩次さんは「事故を事件にしてしまった」と発言しました。


■加藤浩次「なんでなんだよ」

『スッキリ』では、伊藤容疑者はひき逃げの事実に対して「買い物中に道に迷った 気が動転していた」「パニックになってしまった」と語った言葉や、明るみになった事故の瞬間やその後の行動を紹介。

MCを務める加藤浩次さんは「なんで?って。明るみになって(事故の詳細が)わかればわかるほど、なんでなんだよと…」と率直な意見を述べました。


関連記事:山口達也容疑者逮捕で 松岡昌宏「彼はアルコール依存症」発言に注目集まる

■「まずは人命だという行動をしていれば…」

加藤さんは「当たったという認識があるのに、なんで止まらないの! そこなんだよ」「救急車を呼んで、手当て。まずは人命だという行動をしていれば、話は変わった」と、伊藤容疑者の行動に語気を強めます。

続けて「事故を事件にしたわけですよ、自分で」「こういうことをしてしまうと、本当に終わってしまう」と、やるせない気持ちを訴えました。

続きを読む ■「本当に終わってしまう」
  • 1
  • 2

おすすめ記事