「それはトドメです…」へこんでいるときに聞きたくない3つの言葉

励ましのつもりでかけた言葉でも、相手の心をえぐる可能性はあるようです。

疲れる女性
(Ihor Bulyhin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

相手が落ち込んでいるときに、悪気のない言葉でトドメを刺していませんか? 自分では励ましているつもりでも、相手にとっては攻撃に感じることもあるようです。

fumumu取材班が、へこんでいるときに聞きたくない言葉を聞いてきました。


①「まだがんばれるよ」

「職場の上司との関係で悩んでいたときに、同僚の子から『まだがんばれるよ、大丈夫!』と言われたときは、複雑な気持ちになりました。その子からしたら、好意で励ましてくれたんだと思うんです。


嫌味っぽくもなかったし、応援してくれているとわかってはいるんですけど…。ショックから抜けていないときだったので、そんなこと言われても無理! と思ってしまいました。


私がまだがんばっていないと言われているようにも感じて、悲しかったです。根性で乗り切れることと、乗り切れないことがあると思うんですよ。すべてが根性で対処できると思われると、困ってしまいます」(20代・女性)


関連記事:「相談しなければよかった…」友達に言われて悲しかったアドバイス

②「~すればよかったのに」

「落ち込んでいるときに、『こうすればよかったのに』と後出しのアドバイスをされると、いまさら言われても意味ないから…とさらに落ち込みます。最善策を選べなかった自分を、否定されている気がするし。


後からだったら、正直なんとでも言えるじゃないですか。私と同じ状況になったとき、それができるの!? とイライラしてしまいます」(20代・女性)

続きを読む ③「落ち込んでも仕方ない」
  • 1
  • 2

おすすめ記事