「本当はセクマイじゃないのに…」 セクマイを公言する人の心理

違うのにセクシャルマイノリティを公言する人もいる?

女性の足
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嘘偽りなく過ごすために自分自身を知ってほしい、同じマイノリティの人と出会いたい…様々な想いからセクシャルマイノリティを公言する人がいます。

しかし中には、本当はセクシャルマイノリティではないのに、セクシャルマイノリティであることを公言する人もいるようです。fumumu取材班はその心理を詳しく聞いてみました。


①個性派を目指したくて…

「レズビアン界隈では、『ファッションレズビアン』と呼ばれる人たちが存在します。付き合うとわかるのですが、別に女性を全然恋愛的に好きな感じがしないんです…。


レズビアンというのが1つの個性だと思っているみたいで、何も個性がなくて個性が欲しいと思っている人たちが、『レズビアンです』って言って、個性を手に入れようとしていることがあるようです。


確かに発言するだけで個性が手に入るのかもしれませんが、レズビアンとしては本気で恋愛したいので困ってしまうことがあります」(20代・女性)


関連記事:セクマイで話題になるカミングアウト…当事者の意見も様々?

②性的指向を勘違いしていた

「過去に、バイセクシャルだという女性に告白されました。でも、キスもその先もしないんです…。それなりの年齢だし恋愛経験もそこそこにあるので、まだタイミングじゃないっていうわけではなさそうでした。私としては、恋人としてスキンシップを取りたいので、モヤモヤしてしまって…。


喧嘩になって話し合った結果、男性とはそういうことをできるみたいで『女の子可愛くて好きだなって思ったんだけれど』と、性的指向についてよく考えずに公言してしまっていたみたいでした。よく言えば、性的指向を勘違いしていたと捉えられるでしょうね」(30代・女性)

続きを読む ③単なる性的関心

おすすめ記事