北海道のド定番「やきそば弁当」実食! 付属スープの無駄のなさに衝撃

がまんがまんのダイエット中…夜にお米食べなくても満足する、今週の”ぶちかましメシ”は? めちゃ炭水化物です!

ブチめし やきそば弁当”ガチ炭水化物は抜くけど、一品だけで脳が満足するジャンクディナー”こと「ぶちかましメシ」略して「ブチめし」…ですが、今週はたまにある”ギルティ日和”。

函館に短期移住中の筆者が、北海道の定番カップ麺をはじめて実食してみました!


画像をもっと見る

■ご当地カップ麺

今回ご紹介するのは北海道エリアで販売されている、マルちゃんでおなじみ東洋水産の「やきそば弁当」。ご当地モノとして、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ブチめし やきそば弁当

筆者もスープがついていて、道民に絶大な人気を誇るカップ麺…などと噂を聞いたことはあるのですが、今まで食べたことがありませんでした。

ブチめし やきそば弁当

そこで、ダイエットしてる場合じゃねぇ! と言わんばかりにギルティDayを設けることに。1食あたりのカロリーは581kcalで、炭水化物は69.7g。一瞬目が飛び出ましたが、ギルティDayなので堪能したいと思います。


関連記事:水で作る「汁なし麺」が涼をとれるスグレモノ! プルプル麺がたまらない

■本当にスープが!

開封してみると、麺の上には火薬と、液体ソース。ふりかけなどが同梱されています。

ブチめし やきそば弁当

そんななか、やはりありました! 「中華スープ」。これが噂の…軽く感激です。

ブチめし やきそば弁当

しかし、驚いたのはここから。スープはお湯をわかして入れるのか? と思いきや、なんと麺のほうに入れたもどし湯を流用するのだそう。

ブチめし やきそば弁当

本来ならば全て捨ててしまうお湯。無駄の無い作りに衝撃を受けるとともに、簡単に捨てようとする己の醜い心持ちが恥ずかしくなる思いでした。

続きを読む ■はじめてのスープ作り

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

この記事の画像(11枚)

おすすめ記事