くりぃむ上田、永作博美の子育てエピソードに驚愕 「え、お子さんは…」

子供にはゲームを与えず「数を数えさせる」にスタジオ爆笑!

上田晋也

18日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に女優の永作博美さんが登場。私生活では2児の母であり、子育てにはサバサバなことが発覚。

MCのくりぃむしちゅー・上田晋也さんをはじめ、ネット上でも驚きの声が上がっています。



■1年前に行った「儀式」

「家庭でほとんど仕事の話はしない」という永作さん。お子さんは小学生ですが、永作さんの映画やドラマを見ることは「全然ない」そう。

1年前に「私の仕事はこれですと教える」儀式をし、一度だけ自身が出演するドラマを見せたことを明かしました。すると、下のお子さんは「ええー! ママこんな仕事なの」と喜びの声をあげましたが、上のお子さんは「うすうす気づいてはいたけどね」と大人の反応だったことを明かしました。


関連記事:水川あさみ、夫・窪田正孝との関係性を暴露した親友と… 「女の戦い」

■待合室で「掛け算やっといて」

続いて「子育ては普通。『宿題やれ』とかそんな感じ。やらなきゃいけないことはちゃんとやって。やることやってから好きなことしていい」と、母の表情を見せました。

病院の待合室など待つ場所では、お子さんたちにゲームを与えるのではなく「数を数えて」と、数えさせて待たせるのだとか。「心の中で」と小声で指令を出すという永作さんに、上田さんは「え、お子さんは心の中で数を数えるんですか? 言うこと聞かないよね?」と疑問を投げかけますが…。

永作さんいわく「負けなければ(言うことを)聞きます」ときっぱり。また、「掛け算やっといて、8の段まで」と掛け算の九九を唱えさせることも暴露しました。

続きを読む ■永作流「卵かけごはん」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事