おぎやはぎ矢作、入院中の加藤浩次からのLINEを明かす「ダメだな」 

おぎやはぎ矢作さんが、肺炎で入院中の加藤浩次さんとから送られてきたLINEを明かしました

■矢作「死なないでくださいね」

矢作さんの「死なないで下さいね」の言葉には「病院だから死なないだろ」との返信がきたといいます。

矢作さん自身、PCR検査を2回行って陰性が出たものの、死骸のウイルスもキャッチしたことでじつは「陽性だった」ことが判明しています。

小木さんも「原因が分かんないのが怖いよね、なんかね」と、PCR検査が陰性にも関わらず、高熱などの症状がでている加藤さんの現状に心配の言葉を残しました。


関連記事:おぎやはぎ矢作、クロちゃんのランキング入りに疑問 「何なの? マジで」

■「心配です」「早く治りますよう」

ラジオを聴いていたリスナーからは「陰性だったのに肺炎っぽいって…大丈夫かな」「加藤さんの肺炎が心配ですね。加藤さんは喘息だということで、より心配です」と、喘息持ちだったことをはじめて知ったことから、心配するコメントが集まっています。

そして「早く良くなっていつもの3人で楽しいスッキリを見せていただきたい」「肺炎は本当にしんどいよね…。悪化とかしないで早く治りますように」と、回復を願う言葉も。

ゆっくり休んで、また元気な姿で『スッキリ』復帰を楽しみにしたいですね。

・合わせて読みたい→おぎやはぎ、伊勢谷容疑者が発した一言に 「悪いことだと思ってない」

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

おすすめ記事