まずは身近なところから! 無理をしない自給自足のアイデア3つ

無理のない範囲でチャレンジできる自給自足の方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

家庭菜園
(kazoka30/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自給自足をする生活に憧れを募らせつつ、なかなか一歩を踏み出せない人もいるようです。初めから100%の自給自足を目指さずに、できるところから始めてみるのもおすすめですよ。

無理せずにチャレンジできるプチ自給自足の方法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①プチ家庭菜園

「我が家のベランダはそこまで広くないですが、いくつか薬味類を育てています。大葉やミョウガは、初心者でも楽しく栽培できました! 本当は、大きなトマトやきゅうりを育ててみたいなぁと思うんですが…。


コンパクトなマンション住まいなので、今は小スペースで育てられるものを選んでいます、それでも、毎日すくすく育っている植物を見ると、元気を分けてもらえますよ。


自分で育てた大葉を料理に使ったときは、おいしさも倍増でした! 初めから本格的に家庭菜園をやるより、まずは簡単なものから取り入れてみたほうが失敗が少ないんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:たむらけんじ、新しい趣味を公開「安心安全な自家製野菜を作るため…」

②食材を無駄なく使う

「食材を無駄なく使うことも、自給自足のひとつだと思います。野菜の皮を干して使ったり、豆苗や野菜の切れ端を水につけて、また育ててみたり。


野菜の皮は、千切りにしてかき揚げにしたり、スープのだしにも使えますよ。意外と、無意識に食材を廃棄している人も多いと思います。使い方を工夫すれば、フードロスも減らせるし、お金の節約にもなります」(20代・女性)

続きを読む ③ほしいものはDIY
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事