人気YouTuberヒカル、ロコンド社にまさかのクレーム 第二弾CM企画が壮大

人気ユーチューバー・ヒカルさんが宮迫博之さんとともにロコンド社へ乗り込み。まさかのクレームを入れることに。

youtube
(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

登録者数419万人(10月15日現在)を誇る人気ユーチューバーのヒカルさんが14日、自身のYouTubeチャンネルに新たな動画をアップ。親交の深いロコンド社の田中裕輔社長にクレームを入れました。


■ヒカル・宮迫CM企画が話題に

靴や衣料品の通販サイト「ロコンド」を運営しているロコンド社。最近ではヒカルさんと宮迫博之さんとを起用したCMが話題になるなど、YouTubeではよく見かける企業です。

自身もYouTubeチャンネルを運営しており、過去にはヒカルさんを中心とした番組企画が、テレビ局の保身によって潰されたことを告白。「なんだこの日本」「がっかりしましたよ」と憤りを見せていました。


関連記事:人気YouTuberヒカル、手掛けるブランドの成功要因を分析 「ドハマリした」

■ヒカル、社長にまさかのクレーム

そんな社長のもとを訪れたヒカルさんと宮迫さん。目的はテレビCM企画の第二弾をはやく進めてもらうというもので、ヒカルさんいわく「第一弾と言いつつ第二弾の話が来てない」「ちょっとおかしい」とのこと。

自分自身でも「半分クレームっすね」と語るヒカルさんに、テレビ業界歴の長い宮迫さんも「普通スポンサーさんのほうが圧倒的に力強いはずやねんけど」としつつも、「第一弾って言ってたのは事実」とふたりで乗り込んでいきます。

次ページ ■全国CM第二弾の制作が決定

おすすめ記事