三浦翔平、独身時代に半同棲していた人物が発覚 「一緒にいてほしい人」

14日放送の『TOKIOカケル』に三浦翔平さんが登場! 結婚の際の「顔合わせ」にも参加した人物が明らかに!

三浦翔平
(©バーニングプロダクション)

14日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の三浦翔平さんが出演。知られざる交友関係と“半同棲”していた人物の赤裸々な証言でTOKIOも驚愕の事実が…!


■デビュー作『ごくせん』からの親友

番組内でTOKIOから仲のいい芸能人を聞かれた三浦さんは、「しょっちゅう会ってます」と俳優の佐藤健さんと城田優さんの名前を挙げました。

続けて“大親友”と紹介したのは、アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの髙木雄也さん。三浦さんが2008年に俳優としてデビューした人気ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の共演をきっかけに、今もよく会う仲だといいます。


関連記事:三浦春馬&三浦翔平、久しぶりのW三浦ショットに喜びの声

■三浦翔平の挨拶を無視

番組では、髙木さんへのインタビューVTRが流れ、三浦さんとの関係を告白しました。『ごくせん』撮影当初は、三浦さんが挨拶しても“トガっていた”という髙木さんは「別にいいや」と無視。

そのため、最初は「仲良くなかった」という2人ですが、ひょんなことから2人きりでご飯に行くことになり「そこからは、毎日一緒にいました」と、グッと距離が縮まった経緯を語りました。

次ページ ■「奥さんだったら…」「一緒にいてほしい人」

おすすめ記事