愛知県の「縄文企画展」がユニークと話題! 担当者に話を聞いてみた

愛知県豊田市で行われる企画展のポスターが話題になっています。担当者の方にお話を伺ってみました!

ジョウモンの奇妙な文様 ポスター
(画像は豊田市足助観光協会サイトより)

ややお堅くて敷居の高いイメージがある文化財の展示企画ですが、愛知県のとある展示ポスターがツイッターで話題になっています。

fumumu編集部は担当者の方にお話を伺いました。


■ユニークなタイトル

縄文時代の遺跡や出土品が多く発掘される、愛知県豊田市にある「豊田市郷土資料館」。豊田大塚古墳の発掘を機に開館した資料館です。

今回、資料館では縄文時代に作られた「縄文土器」の企画展を行うことになったのですが、その展示名とポスターをみて、反応する人が。

それもそのはず、展示タイトルは「ジョウモンの奇妙な文様-刻むぜ 縄目のビート!-」とパンチの効いたもので、ポスターも漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦・集英社)を彷彿とさせるものだったのです。


関連記事:「ねりゴム」アート作品に驚きの声 なぜか土器や埴輪を作る公式も…

■「控えめに言って好き」「センスの塊」

早速ツイッターでは「近寄って見てフフっとした」「控えめに言って好き」「センスの塊」といった声が多く上がっています。

また、「刻むぜ縄目のビート吹いた」など、タイトルに反応する声や「(背景が縄文土器の)波紋なのが芸が細かい」とこだわりに関心する声も。

古代文化財の展示では、なかなか見かけないユニークな内容に様々な声が集まったようです。

次ページ ■縄文土器を気軽に楽しむ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事