横浜流星、チームラボで絵を描く その出来に「画伯」と視聴者絶賛

横浜流星さんが描いた絵が視聴者の間で話題になりました。

横浜流星

13日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、俳優の横浜流星さんが描いた絵に注目が集まっています。


■ちょうど気になっていた場所だった

今回、映画『きみの瞳が問いかけている』でダブル主演を務める女優の吉高由里子さんと共に、お台場の「チームラボ」を訪れた横浜さん。

「行きたい場所」として気になっていたという横浜さんは、最先端のデジタルアートを楽しむことができるスポットで、アメリカの「タイム誌」で「世界で最も素晴らしい場所」と認められた「チームラボ」が手掛けるはミュージアムへ足を運びました。


関連記事:顔相鑑定⑫:横浜流星はキムタク似? 「ベストオブ彼氏」な理由を鼻から解説

■「画力結構キテるね!」

2人は、描いた絵で作るエリア「お絵かき水族館」を訪れました。この場所では、自由にデザインした魚の絵をスキャンすることで壁一面の水槽に絵が出現し、泳ぎ回るとのこと。

さっそく用紙に好きな絵を自由に描いた2人。横浜さんは「ガチで…」と言いながら、真面目に取り組みました。なお、横浜さんは「絵を描くのは得意じゃないけど好き」と語りますが、「結構(絵を)バカにされます…」と告白。

そんな横浜さんは亀の絵をやクラゲのような絵を披露し、ともに訪れたそDAIGOさんは「流星くん、画力結構キテるね!」「子供心忘れてないね!」と、個性あふれる絵画に言葉を選びながら絶賛…!

次ページ ■「画伯」と絶賛の声続出

おすすめ記事