なんでわざわざ? エッチ中にキスマークをつけることに拘る男子の心理

キスマークをつけることにこだわる男性の心理とは?

キスマーク
(dvoevnore/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

エッチ中などにキスマークをつけられた経験のある人は多いと思いますが、慣れていないと上手くつかないこともありますよね。でも、それでもなんとかキスマークをつけようと頑張ってしまう人も…。

fumumu取材班は、なぜそこまでキスマークをつけたがるのか聞いてみました。


①浮気対策

見えたら恥ずかしいものだけど、見えない部分につけるからこそ浮気防止になるのかも?

「彼女は『高校生じゃないんだからそういうのやめてよ。見えたらどうすんの?』って嫌がるので、確実に見えないお腹とか胸につけます。


嫌がりながらも、彼女が承諾してくれるのも嬉しいんですよね。もちろん信頼していますが『あぁ浮気してないんだな』って思えますし、一緒に浮気対策もできちゃいます」 (30代・男性)


関連記事:キスマークをつけてみたいのに…うまく出来ない人へのアドバイス

②自分のものという証

彼女は自分の女であるという証のためにつけている人が多いようです。

「一種のマーキングともいえますね。彼女が自分のものだという証が欲しいんです。他の男が寄ってこないように…という思いも込めていますが、自分が安心できるようにつけているという部分が大きいかも。


彼女も、目立つ場所じゃなければどこでもつけていいと言ってくれるので、2人しか知らない場所にたくさんキスマークをつけています。ホっとするとエッチもリラックスしてできますよ」(20代・男性)

次ページ ➂つけさせてくれる関係だと確認

おすすめ記事