無意識の相槌に注意! 相手の返答でモヤモヤした経験を聞いた

無意識にしている相槌が、相手に不快感を与えていることもあるようです。

会話
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

会話の中で、無意識にしている相槌。自分では悪気がなくても、相手からしたらモヤモヤを感じている場合もあるようです。

「なにその相槌…」と思った経験を、fumumu取材班が聞いてきました。


①「あるあるだね」

「友達に職場の悩みを話したときに、『あ~あるあるだね』とサラッと流されたときは、複雑な気持ちになりました。上司との確執だったので、確かにいろいろな会社で似たようなことはあるでしょうけど…。


あるある、と流されてしまうと、こちらはまったくスッキリしないし。話を真剣に聞いてくれていないんだなと、悲しくもなります。


よくある話だとしても、私だけの感情はあるはずじゃないですか。聞き流さずに、ちゃんと会話をしてほしいと思いますね」(20代・女性)


関連記事:「この人には話したくないな…」 敬遠される話の聞き方とは

②「そういうことね」

「職場の先輩が仕事でミスをしていたので、軽く指摘したら、『はいはい、そういうことね』と流されてしまいました。ミスをしたのは自分なのに、なにその言い方? とイラッとしました。


ミスの可能性に、自分も気づいていたような言い方だったんです。自分のプライドを守りたいだけの人に見えて、情けないと思ってしまいました。たまに、『そっちか~、考えてはいたんだけど』と、よくわからない言い訳をする人もいますよね。


だったら最初からミスしないほうを選べよ! と言いたくなってしまいます。ミスをしたのは仕方ないんだから、素直に認めればいいのに」(20代・女性)

続きを読む ③「わかるわかる」
  • 1
  • 2

おすすめ記事