ロンブー田村淳、自宅で心霊写真を撮影 その正体に安堵の声続出

ロンドンブーツ1号2号・田村淳さんが恐怖体験を語りました。

田村淳

6日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・ロンドンハーツ1号2号の田村淳さんが出演し、自身の恐怖体験を語りました。


■肩を組んで撮った写真に…

淳さんは、「心霊とかあんまり信じてないですけど、もう信じないといけないくらいの写真を自分で撮っちゃって」と告白。

本人によると心霊写真を撮ってしまったその日、サッカーW杯を応援するため、後輩の家族や淳さんの家族などが「みんなで応援しよう!」と、自宅に集まったそうです。

しかし、試合開始前に淳さんや後輩が肩を組んで写真を撮り、「みんなで日本代表を応援しよう」という文とともにツイッターに投稿したところ、友人から「大丈夫か?」というメッセージが届いたとのこと。


関連記事:狩野英孝が忠告する心霊スポットとは? ロケ終了後「除霊に失敗」の恐怖

■正体は後輩の娘さん

ツイッターに投稿した写真には、淳さんの足の間に女の子の顔が映りこんでいて、SNS上では「霊が映ってる」と大騒ぎになったそう。

この原因について、当時の淳さんは「いろんな人とフライデー撮られたから、それがパワーとなってここ(足の間)に来たんだと…」と思ったと語ります。

写真を見て恐怖を感じた淳さんは「引っ越しする!」と決意しましたが、その後、一緒に写真を撮った後輩の娘さんが泣きながら「ごめんなさい、さっきの写真私です…」と告白。映り込んだ女の子の正体は後輩の娘さんで、心霊写真ではなかったことを明かしました。

続きを読む ■安堵と恐怖する声が続出

おすすめ記事