加護亜依が近況を語る 悲しいニュースで「ナイーブになっていました」

加護亜依さんがインスタグラムで心境を吐露 日々の悲しいニュースなどで「ナイーブになっていました」と語り話題に

加護亜依

元モーニング娘。の加護亜依さんが、自身の公式インスタグラムを更新。8歳の長女が作ったという作品を披露し、自身の心境を語り話題になっています。


■悲しいニュースに胸を痛める

加護さんが話題の投稿をしたのは、6日。青とピンクの絞り染めのような美しい文様の布の写真をアップし、「娘が『ママをイメージして作ったの』って 『悲しみと愛が交差する』私、そんな感じだったのかも!」と告白。

イメージの大切さについて語り、「なのに日々の胸が痛くなるような悲しいニュースや、この状況下で少しだけナイーブになっていました」と、複雑な心境を吐露しています。


関連記事:彼氏に「はい、あーん」 食べさせやすくて喜ばれる料理のおかず3品

■文章の最後は前向きに

少しナーバスになっているような加護さんですが、投稿の中には「思考は現実化するらしいから もう一度、セルフイメージを高めようと改めて思った」と前向きな言葉も。

文章の最後は「10月、素敵な季節が始まったね」という言葉で締めくくられており、紅葉のマークが添えられています。

続きを読む ■心境を語った加護さんに「ありがとう」

→【Kindle本】ビジネス書最大60%OFFキャンペーン 対象2,000冊以上!

おすすめ記事