保護猫の譲渡支援「とろねこチャレンジ」スタート! 猫がいなくても参加可能

保護猫の譲渡支援プロジェクト「#とろねこチャレンジ」が6日からスタートしました!

■ぺんてるも参加

第1弾では、企業は花王株式会社のプレミアム柔軟剤「ハミングLINNE」のみでしたが、今回からは、同社のお掃除道具「クイックル」、ぺんてる株式会社のゲルインキボールペン「ENERGEL-S(エナージェル エス)」も参加。

ぺんてるは、ねこ柄のペンを発売するなか同プロジェクトを知り「愛くるしい猫を少しでも守りたい」、クイックルは「一人でも多くの人が保護猫の里親となって、一緒に楽しく、快適に過ごせることを願って」という想いから参加を決めたそうです。


関連記事:GWのお土産に! 東京駅で買える『肉球マドレーヌ』がめちゃカワ

■「譲渡が広がりますように」

ネットでは、早速「参加します」という声のなか「保護猫の譲渡が広がりますように」「保護猫を譲り受けるという選択肢が当たり前になってほしい」といった願いも寄せられました。

また、猫画像を載せるのが日常の人からは、「毎日載せてる投稿にハッシュタグで追加するだけだしなー」と、簡単にできそうという声も。

猫を飼っていない人はイラストでも投稿できる今回のプロジェクト。ぜひ参加してみてはいかがでしょう?

★「#とろねこチャレンジ」の詳細はこちら

・合わせて読みたい→ローラ、保護犬を引き取った報告に反響 「簡単にはできないこと」

(文/fumumu編集部・五代桜子

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事