「いい人」は目指さない! ストレスから解放されるためにやめた3つのこと

ストレスから抜け出すために勇気を出して「やめた」ことを、fumumu取材班が聞いてきました。

③「嫌い」「苦手」を認める

「人に対しての好き嫌いや、遊びに参加したくないときの億劫な気持ちを、しっかりと認めるようにしました。それまでは、自分の中の”いい人像”を目指して、すごくがんばっていたと思います。


みんなと仲よくしなくちゃとか、遊びに誘われたら絶対に参加して盛り上げなきゃとか。なりたい自分に近づこうと、必死だったんだと思います。本当の自分とはズレがあるから、少しずつ苦しくなっていきました。


いい人の仮面をかぶるのをやめたら、毎日のようにイライラしていたのが、少しずつ和らいできた気がします。嫌いなものは嫌いだし、苦手なものは苦手だし。自分の本音を認めることで、肩の力が抜けたのかなと思います」(20代・女性)

自分の本心を表に出したときに、離れていく人もいるのかもしれません。ですが、それによって新しい出会いが生まれることもあるはずです。

自分にとって居心地のいい環境を求めて、日々を過ごしていきたいですね。

・合わせて読みたい→怒りたいのに怒れない! 上手に怒りを表に出す方法は?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事