人の失敗に寛容になれないのはどうして? イライラを防ぐための考え方3つ

人の失敗に寛容になることができれば、自分自身が楽になるかもしれません。

悩む女性
(SB/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人の失敗を許せずに、ついイライラしていませんか? 人に対しての怒りで気持ちをいっぱいにしてしまうのは、なにより自分が苦しいですよね。

fumumu取材班が、他人への怒りを抱え込まない方法を聞いてきました。


①自分は無理してない?

「人の失敗や甘さが許せないのは、似たようなことで、自分が我慢しているからだと思います。自分に迷惑がかからないなら、人がどれだけ失敗しようと、サボろうと、自分には本来は関係ないことですから。


それなのに腹が立つなら、『自分は努力しているのに、どうしてしっかりやらないの!』と、自分のつらさを引き合いに出しているんじゃないでしょうか。


その状態で相手に怒っても、自分は楽にならないと思います。自分自身の環境を整えて、ストレスを和らげないと、ずっと誰かにイライラしてしまうんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「自分はなにもできない…」って思ってる? 自分を肯定する3つのきっかけ

②能力の違いを知る

「自分にできることが、相手にもできると思わないことが大切だと思います。人それぞれ、能力には違いがありますよね。


能力があるかないかではなく、人によって、違う能力が備わっているだけなんだと思います。自分にできることができない人もいるし、自分にはできないことができる人もいるし。


得意分野は人それぞれ異なるものだと思えば、できないことに対して腹を立ててしまうことも少なくなる気がします」(20代・女性)

次ページ ③ひとりでフォローしない

おすすめ記事