幻の里帰りはセメダインだけじゃない? 戦前の製品を求める声続々

ネットの拡散力で幻の接着剤が発見されたセメダインに続き、他の企業も幻の製品があるようです。

■タニタの戦前の製品は…

また今回の流れを「企業にとって浪漫がある」とツイートしたのは、計測器メーカー・タニタ。日々ネットと向き合う中の人にとっては、とくに面白いと感じる出来事だったのかもしれません。

現在は体重計のイメージが強いタニタですが、「戦前後はハンガーや自転車の電子ブザーなど作ってたらしい」とのこと。

「企業では意外とこういう商品アーカイブ(本当に古いモノは特に)が残っていないことが多い」そうで、「持ってる人は教えて」と呼びかけました。

★タニタのツイートはこちら


関連記事:タニタ、社長のワンオペ生配信に不安 「放送事故になったらごめんなさい」

■初期型デザイン見つかる

なかには、セメダイン発見が話題になる前に、すでに幻の製品が見つかっていた企業も。

マチ付きポリ袋で有名なアイラップは、幻の初期型デザインが以前発見されていたそうで、「すごいぜTwitter…!」と投稿してます。こちらも、持ち主のご厚意で寄贈されたもののよう。

誹謗中傷などで、最近はその使い方に物議を醸しているSNSですが、こういった情報の拡散は嬉しいもの。次はどんな幻の製品が見つかるのか楽しみになりますね!

★アイラップのツイートはこちら

・合わせて読みたい→シャープ、すでにPS5の類似品があった? 「念のため」「大企業のくせに」

(文/fumumu編集部・五代桜子

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事