手越祐也、続く芸能人の自殺に言及 「芸能人って人間の鏡ではない」

芸能人にまつわる苦悩や昨今の風潮について自らの思いを吐露

手越祐也
(画像は「手越祐也チャンネル」より)

元NEWSの手越祐也さんが29日、自身のYouTubeチャンネル及びツイッターを更新。芸能界の自殺問題について言及しました。


■人前に立つ者として

動画内で手越さんは、昨今の報道を「すごくショッキング」とコメント。

自身も色んな夢を抱いて芸能界入ったものの、人前に立つ独特の辛さやプレッシャーはたくさんあると語り、「最近何故自殺が多いのか?」という問題を念頭に、人前に立つことを仕事とする者としての考えを明かしました。


関連記事:手越祐也、メールアドレスは「辻希美」 モーヲタだったことを告白

■世間も芸能界も変化した

手越さん曰く、ここ数年で芸能界は大きく変化したとのこと。

「一昔前は今より世間が寛容だった」「もちろん犯罪はダメだが、自分が10代だったころの芸能界はまだ夢があった」と、約20年前と現在は大きな違いがあると話します。

続いて「芸能人って人間の鏡ではない。あくまでもパフォーマー」と語った彼は、ファンに夢を与えることが前提だとしても、最近は「芸能人たるもの人間の鏡であれ」という風潮が強すぎると主張しています。

続きを読む ■とりあえず「批判」するという風潮に疑問

おすすめ記事