セメダイン、戦前に作られた謎の自社製品が見つかる 「驚きで鳥肌…」

先日、幻の製品が発見されたセメダイン。さらなる驚きの製品が見つかったそうです!

セメダインB
(画像はセメダインツイートより)

28日、接着剤メーカー・セメダインのツイッター公式アカウントが写真を投稿。

社内でも謎とされる製品が見つかったようで、注目が集まっています。


■幻の製品が里帰り

事の発端は、とある古民家から80年以上前の「古いセメダインC」が発掘され、持ち主のご厚意でセメダイン社に里帰りしたこと。

セメダインでは戦前の資料はほとんど残っておらず、かなり貴重なもののため、中の人は「こんなにキレイな状態でいただけるなんて奇跡です。重みがすごい…!」と感動。ネットニュースにもなり、かなり話題になりました。

そんななか、セメダインは28日に続報を投稿。さらなる幻の接着剤を持つ方から連絡があったそうです。


関連記事:キンプリの謎ルールが明らかに! 「買っているところを見られると…」

■謎につつまれた接着剤

今回発見されたのは、「幻の『セメダインB号」」。投稿によると、「社史の一節に『戦前・戦時中、Cと同時期に売られていた』とあるだけ」で、謎に包まれた接着剤だそうです。

写真には、「CEMEDINE B」と書かれた年季の入った接着剤が。持ち主の方が「10年ほど前にネットオークションで購入した昭和初期のラジオ部品キット」に入っていたのだとか。

持ち主は、「戦前のC発掘」ニュースを見て連絡をしたそうで、中の人は「なんというネットミラクル…」「驚きで鳥肌が立っています…」と感動を綴りました。

続きを読む ■社内興奮の「メンダイン」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事