カジサック、YouTuberのテレビ出演で「最悪」なこと 制作サイドに苦言

カジサックさんがローランドさんと対談。テレビ業界について苦言を呈しました。

カジサック

人気ユーチューバー・カジサックさんが、ホストクラブの経営者でありタレントのローランドさんのYouTubeチャンネル「THE ROLAND SHOW」に登場。ユーチューバーに対するテレビ業界の姿勢に疑問を呈しました。


■カジサック、テレビ復活の夢を語る

この日、チャンネルではカジサックさんコラボの後編を配信。テレビとYouTubeの関係性について語っていきます。

今でこそユーチューバーとしてのイメージが強いカジサックさんですが、テレビへの愛着は強いものがあるようで「テレビを復活させたい」という気持ちを持ってYouTube活動をしているとのこと。

「(最近)テレビつまんなくなってない? みたいな。それがショックで」「もう一度あの頃のテレビを取り戻したい」と熱い口調で語り、さらにカジサックさん自身がスポンサーになってキングコングの番組を作ることも視野に入れていると明かします。


関連記事:ノンスタ石田、相方・井上に叫び 「ノータッチやん」「ずーるーいー!!」

■ユーチューバーを勉強せず出演させるテレビ

そこで難しくなってくるのがテレビとYouTubeの関係。どうしても対比的に捉えられることが多く、芸能人の中にもユーチューバーを下に見ている人が正直少なくない現状がありますが、カジサックさんは「ウィンウィンじゃないといけない」とコメント。

そのうえで、「僕が良くないなって思ってるのが、テレビサイドの方々が『このユーチューバーをどうしたら面白くなるのか」を勉強せずに呼んでるんですね。もうこれが最悪」とユーチューバーのテレビ出演について持論を展開します。

続きを読む ■「すごい人はホンマにすごい」
  • 1
  • 2

おすすめ記事