自分を労わる「ひとり時間」 実践している人の話を聞いた

ひとりでゆっくり過ごすからこそ、気づけることがあるかもしれません。

③自分の変化に気づける

「自分の変化は、ひとりでゆっくり過ごす時間に気づくことが多いです。やらなくてはいけないことに追い立てられているときは、自分に目を向ける暇がないんですよね。


ひとりになるからこそ、私は心身の変化を受け止められるんです。仕事が忙しかった週の休日に、初めて疲れを自覚することもあります。


ずっとモヤモヤしていたことの原因を、ひとりで落ち着いた空間で考えているうちに見つけたり。誰にも急かされないから、焦らずに自分を見つめ直せるんだと思います」(20代・女性)

誰かの言葉や視線がないからこそ、自分の本音がよく見えるようになるのかもしれません。

ひとりになる環境がないなら、図書館やカフェ、ファミレスやヒトカラなど、知り合いに会わない時間を作るだけでもよさそうです。

・合わせて読みたい→どちらと付き合うか迷う… ひとりに絞る決め手とは?

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事