尾木ママが依存症に対する根性論に警鐘 「認識が甘い」とキッパリ

依存症を一概に叩くのは間違い

尾木直樹

23日、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんが、自身のブログを更新。アルコール、ギャンブル、薬物、ゲームなど様々な依存症について語りました。


■根性論で治るものではない

この日、尾木ママは「薬物依存症もアルコール依存症もギャンブル依存症も更にゲーム依存症もとにかく依存症への見方の中でも「根性」論は認識が甘いのかもしれません」と自身の見解を発表。

「依存症の怖さは単なる意思の問題じゃなく 脳の働きがお酒やギャンブルを求めてしまうのです」と、依存症の恐ろしさについてつづりました。


関連記事:犯罪でないけれど健全でもない? 女性が依存している合法なもの

■アルコールは合法、だから怖い

続いて「薬物と違いアルコールは合法ですし、自販機で子どもでも買えます」とお酒が身近な存在であると語った尾木ママ。

故に「他人が批判するほどやめることは簡単じゃない」と解説し、他人や家族との繋がり、そしてアルコールではない依存場所の確保がないと完治は難しいという旨を伝えています。

尾木ママは明言していませんが、22日に酒気帯び運転で逮捕が発表された山口容疑者の件を匂わせるような投稿でした。

次ページ ■依存は甘えではない

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事