難聴YouTuber、読唇術あるあるを語る 「ゆっくりは逆にわからない」

難聴・聴覚障がいに関する動画をアップしている「デフサポちゃんねる」。読唇術あるあるが非常に興味深いです。

youtube
(tanuha2001/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一部の過激なユーチューバーによって、上の世代の中には良い印象を持っていない人も少なくないYouTube。しかし、様々なバックボーンを持つ人がいるため、お互いの理解に役立つ動画もたくさん存在します。


■聴覚障がいへの理解が深まるチャンネル

今回紹介するのは「デフサポちゃんねる」。自身も難聴であるユカコさんを中心に、聴覚障がいを持つ人の仕事、恋愛、日常などに関連した動画をアップしているチャンネルです。

この日は同じく難聴である、インターンのすいちゃんさんを招き、読唇術あるあるを話すことに。


関連記事:本音をさらけ出すコツは? 人と深く付き合うコツ

■読唇術は自然に習得

まず最初に読唇術を身につけた方法を話すのですが、すいちゃんさんが「小さい頃からの慣れ」だと明かすとユカコさんは「そうだよね」と納得。「どんな風に勉強したのってよく聞かれるんだけど、そうじゃなくて必要に迫られて」「いつの間にか習得してる」と述べます。

しかし発音に関して、すいちゃんさんは「かなり練習した」、ユカコさんは「読唇術はわかっても発音は練習しないと喋られない」ようで、今でもさ行やた行は難しいそう。また、同音異義語も混乱してしまいがちのようです。

続きを読む ■ゆっくりは逆にわからない
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事