大野智、井ノ原快彦に不信感 「1人だけ間違えまくってたり…」と不満爆発

嵐の大野智がV6井ノ原快彦に抱いていた不満とは?

大野智

19日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)にV6のメンバーが登場。MCを務める大野智さんが、井ノ原快彦さんを過去に「ダサい」と思っていた事実を告白しました。


■不信感を抱いたキッカケ

この日、嵐とV6の意外な繋がりや思い出話で盛り上がった一同。

中でも嵐側から何か告白したいことはないか、というコーナーにて大野さんは「なんかすごい言われたんだよね、昔」と、井ノ原さんとちょっとした確執があったことを明かしました。

井ノ原さんが既にV6としてデビューしていた頃、大野さんはジャニーズJr.で先輩たちのバックダンサーを務めていたとのこと。よく「大野さ、お前あそこの踊り全然できてねえよ」と注意されていたそうなのですが、大野さんは「井ノ原くんだけ1人間違えまくってたり…」と、納得がいかない不満そうな表情を見せました。


関連記事:V6三宅健、『24時間テレビ』で見せた変わらぬ姿に反響 「時空歪みすぎ」

■心の声は「ださっ…」

また当時、舞台『MASK』に出演していた大野さんは、ここでも井ノ原さんにダメ出しをされ続けていたと激白。

脚をあげるような振り付けでは「お前ここゆるいんだよ。もっとこうやってやれよ」と注意を受けたものの、自分の中では「軽くやったほうがカッコイイのに…」という考えがあったのだとか。

しかし、ここは先輩の言う通りにしなければならない縦社会。大野さんは言われたとおりのダンスを披露したものの、心の中では毎回「ださっ」と呟いていた過去を振り返っています。

続きを読む ■他メンバーは「いいぞ大野~!」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事