「他に原因があるでしょ?」 男子が別れの理由をごまかす心理

別れる理由を誤魔化す理由とは?

カップルの喧嘩
(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性の別れ話に「え、そんなことで?」と呆気にとられることがあると思います。男性は、円満に後腐れがないように別れるため本音ではなく建前で話すことがあるよう…。

fumumu取材班は、ごまかす心理を詳しく聞いてみました。


①浮気相手がいた

逆に引きずることになったという女性は…。

「3ヶ月前に彼と別れたのですが、原因は『仕事の量が増えてから時間を取ることが難しくなった』という納得のいかないもの。男友達に聞いてみると『それは、他に女がいるかもね』と指摘されました。


浮気相手がいてそっちが本命になってしまうと、過去の浮気を隠すために誤魔化しちゃうのだとか。少し男性恐怖症になりそうです」(20代・女性)


関連記事:別れ話を言い出せない男子もいる…その心理や理由とは?

②相手を傷つけたくない

自分が悪者になるのは怖いのか…あるいは、恋愛感情がなくとも彼女を嫌いになれないのかも。自己満足の優しさを楯にごまかす人は多いようです。

「別れの本当の理由は”もう好きじゃなくなったから”。さらに他に気になる人もできてしまったんです。でも本当のことを言ったら彼女が傷つくと思って言えませんでした。


自己満足の優しさだとはわかっていますが、どうしても言えなかったんです。結局『仕事で忙しくて恋愛する気力が今の自分にはない』と言って別れました」(30代・男性)

次ページ ➂他に好きな子ができた

おすすめ記事