総務省、国勢調査員のニセモノに注意喚起 早くも支給品の転売も…

国勢調査がいよいよスタート! 総務省が詐欺への注意喚起を行いました。

国勢調査2020
(画像は国勢調査2020公式Twitterより)

14日から、5年に一度の国勢調査がスタート。ツイッターの公式アカウントは詐欺に対する注意喚起を行いました。一方、ネットでは支給品の転売が発覚し、不安の声が集まっているようです。


■国勢調査とは?

総務省統計局が実施する、5年に一度の大調査「国勢調査」。日本に住む全ての人と世帯を対象とし、国内の人口、各世帯や地域の暮らしなどを調べるものです。

調査結果は、医療費や年金額、企業の出店計画、さらに災害対策などに役立てられるといった、市民の生活にダイレクトに直結するもの。

5年ぶりに実施される「国勢調査2020」の回答は、インターネットは14日から、紙の調査票では10月1日から。どちらも10月7日までの期間が設けられています。


関連記事:不審者よりも驚いた…女子が暗い夜道で出会った怖い人の話

■不審な調査に注意

しかし、国全体の調査ともなると懸念されるのが、国勢調査を装った詐欺。

15日、ツイッターの国勢調査2020公式アカウントは「不審な調査にご注意ください」と公式サイトのリンクを付け更新。詐欺への注意喚起を行いました。

公式サイトでは、偽の電子メールやウェブサイト、不審な電話などに気をつけるよう記載されていますが、やはりとくに注意すべきなのが直接やりとりをする可能性が高い「調査員」の詐欺のよう。

次ページ ■ニセ調査員を見分けるには?

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事