モチモチすぎる「水餃子」が新登場! 食べてわかる極上“耳たぶ食感”とは?

がまんがまんのダイエット中…夜にお米食べなくても満足する、今週の”ぶちかましメシ”は?

ブチめし水餃子美味しいけど家では頻繁に作るイメージはない水餃子。焼き餃子よりもダイエット向きのような気もしますが…。

というわけで、今週の”ガチ炭水化物は抜くけど、一品だけで脳が満足するジャンクディナー”こと「ぶちかましメシ」略して「ぶちメシ」は、水餃子の新商品です!


画像をもっと見る

■餃子17年一位のこだわり

今週ご紹介するのは、前回に引き続き味の素の新商品「水餃子」。6日から全国で販売スタートした冷凍食品です。

ブチめし水餃子

味の素は17年連続で冷凍餃子の売り上げ一位なのだそう(※2003年度〜2019年度、冷凍食品単品売上金額ベース。同社調べ)。

そんな同社がめちゃめちゃこだわったのが、今回の新商品。17年連続一位のメーカーこだわりとは一体どんなことになっているのか…期待が高まりますね。

ブチめし水餃子

ちなみに、1個あたりのカロリーは35kcal、炭水化物は4.0gです。今回も食べる量の調整で罪悪感は難なくクリアできそうですね!


関連記事:お米がなくても満足だし…! 『大阪王将監修 揚げ餃子』が美味すぎた件

■お水に入れて簡単調理

新商品は、水餃子にとって重要な皮の厚みと弾力にこだわり”耳たぶ食感”を実現。具材のお肉と野菜は全て国産を使用しており、皮に肉汁をしっかり閉じ込めたそうです。

”耳たぶ食感”とは聞き慣れないワードですが、水餃子の理想的な皮のやわらかさは耳たぶ程度と言われているのだそう。いったいどんな食感なのか気になるところですね!

ブチめし水餃子

調理方法は、深めの耐熱容器に水を150cc入れ、電子レンジで2分20秒ほど加熱(水餃子3個の場合)。簡単です…! 沸騰したお湯で4分茹でるのも可能なのでお好きなほうで作ってみてくださいね。

次ページ ■これは確かに”耳たぶ食感”

この記事の画像(8枚)

おすすめ記事