加藤茶「どれだけ大事だったんだろう」 志村けんさんへの思い語る 

加藤茶が相方の死について心境を告白

志村けん

14日に放送された『深イイ話』(日本テレビ系)にお笑いタレントの加藤茶さんが登場。故・志村けんさんへの思いを語りました


■安心できた存在

元々ドリフターズの付き人だった志村さんですが、加藤さんとの仲は知っての通り兄弟のようなもの。

この日の放送では、一緒に飲みに行き「気を遣うのはやめなさい」と告げたその日から、志村さんが加藤さんにとってドリフターズの中でも特別な存在になっていったことが明かされました。

本人曰く、「俺がボケても必ず突っ込んでくれる。安心してボケられる」信頼関係があったとのこと。


関連記事:マツコ、志村けんさんの訃報にコント共演を回顧 「別格なものだった」

■「いつでも志村がいた」

しかし、2020年3月に志村さんが新型コロナウイルスにより逝去。

加藤さんが訃報を聞いた直後は、妻ですら声がかけられない状態だったと振り返ります。人生の中で泣いたことは2回だけ、そのうちの1回が志村さんの訃報だったという程、特別な感情を抱いていたのでしょう。

続いて「一番の相方が亡くなるわけだから」「いつでも志村がいた。冗談言うと殴ってくれたり、一緒にネタを考えたり、失敗すると一緒に酒のんだり…そんな友達がいなくなっていくのは辛い」と心境を明かしています。

次ページ ■大切な存在であったと実感

おすすめ記事