EXIT、若者の中絶に思い語る 「選択肢が少なすぎる」「子育ての多様化を」

「若者の中絶」について取り上げた番組では、EXITの2人がそれぞれに思いを語りました

EXIT
(画像は『ABEMAPrime』より)

先日放送した『ABEMA Prime』(ABEMA)では、「若者の中絶」の実態に迫り、MCを務める、お笑いコンビ EXIT の2人がこの現状を受けて、持論を述べました。


画像をもっと見る

■「自分は大丈夫じゃないか…」

厚生労働省によると、10代・20代の1日あたりの中絶件数は200件以上。「望まない妊娠」をしてしまう大きな要因のひとつが「避妊への意識」。

街頭インタビューでも「基本的には避妊するけど、全部とは言えない」「ダメだとはわかってるけど、自分は大丈夫じゃないかなって甘い考えもある」など、避妊・妊娠について意識の低さが伺える回答が映し出されました。


関連記事:100%は無理だけど…めちゃくちゃ避妊対策しているカップルの方法とは?

■中絶後の苦しみ

現在、中絶の手術の方法は3種類。ピンセット状とスプーン状の金属器具を使い、取り出す「掻爬(そうは)法」。日本で行われているおよそ8割でこの方法が使われます。

2つめは、プラスチックの注射器型の器具で吸引する「手動真空吸引法」。3つめは、金属の吸引器具を使い電気の力で吸い込む「電動吸引法」。

ABEMA
@ABEMA

どの方法を使っても、次の妊娠の際に影響が出るなどのリスクはあります。そして、自分で決めたこととはいえ、中絶後には喪失感・罪悪感・自責の念に苦しむ女性が多いといいます。

そして、苦しむ人がいる一方で「身勝手」「命の選別」と批判的な声も多いのも現状です。

次ページ ■りんたろー。「選択肢が少なすぎる」

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事