彼氏でもマナーは守って欲しい! 「デリカシーがない…」と思った瞬間

彼氏にデリカシーがないと感じた瞬間は?

喧嘩するカップル
(NanoStockk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男友達に比べて彼氏には寛容になる女性は多いと思いますが、それでも「さすがにデリカシーがない…」と傷ついたり引いたりしてしまうことはありますよね。

具体的にはどのような場面で感じてしまうものなのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。


①空き缶を灰皿がわり

一度注意しても悪い癖が直らない彼に、もう見切りをつけることに…。

「デリカシーのない彼は、何度注意しても直らない癖があります。例えば缶コーヒーなどを飲んだ後、その缶にタバコを入れて、喫煙所とかに置いていくこと。処理する側も大変だし、最悪だなと思います。


また、食事に行った時、店員さんに横柄な態度をとるのも嫌ですね。友達からも、『もっと厳しく注意した方がいいよ』と言われるんですが…。


とくにタバコの件は、次やったら最後通告として別れを宣言しようかなと思っています。そんな彼を選んだ私も私で、自責の念に駆られていますけどね」(20代・女性)


関連記事:太ったのは彼氏のせい? 人のせいにしてなんとか乗り切った瞬間

②大きな音のおなら

親しき中にも礼儀あり、お互いが気持ちよく過ごせるように気を付けたいものです。

「彼が思いっきり音をたてておならをするのがすごく嫌です。彼の言い分は『生理現象なんだから仕方ない』なのですが、マナーとして音を立てないようにするなど気を遣ってほしいです。


それでも音が出てしまったときは仕方がないと思うし、笑って済ませられますが、あえての大きい音のおならは不快でたまりません」(30代・女性)

次ページ ➂「太った」などの余計な一言

おすすめ記事