上田晋也「すごいね…」 『鬼滅の刃』鬼頭明里が声優を志したキッカケが話題

鬼滅の刃に出演する鬼頭明里が声優を目指したキッカケを告白

上田晋也

7日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、アニメ『鬼滅の刃』で竈門禰豆子役を演じる鬼頭明里さんが出演。

声優になったキッカケについて語り、多くのファンから反響を呼んでいます。


■イラストレーター志望だった過去

キュートな容姿や幅広い演技力から、近年人気を博している鬼頭さん。

鬼滅の刃で注目を浴びた後からは「京都大学出身らしい」という噂が回りましたが、この度本人の口から真相が語られることとなりました。

イラストが上手く、自身のSNSにも作品を投稿している鬼頭さんは、MCの有田哲平さんらに「上手いね!」と称賛され、「元々イラストレーターになりたかった」という経緯を告白。声優にも興味があったが、上京しなければならなかったので悩んでいた過去を番組内で明かしました。


関連記事:明石家さんま、お手製の「鬼滅の刃マスク」に絶賛 映り込んだモノも話題に

■大学に行くお金はない…

高校を卒業し進路を決める際、自身は大学に行かせてもらうつもりだったそうですが、その時親に「そんなお金はうちにはありません!」と言われてしまったとのこと。

「じゃあ自分のお金で頑張って声優を目指すのもありなのかな?」と思い、現在の道に進んだのだそうです。

結果、禰豆子役で出演した『鬼滅の刃』が大ヒット。順調に売れっ子声優の道を進むことになりながらも、番組で演技を頼まれた際は「やっと認められたよー!世間にー!」と叫ぶなど、謙虚な姿勢を見せていました。

次ページ ■ハードな人生に有田も驚き

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事