「アソコが痒い…」 ワンナイトなんてすべきじゃないと反省したこと

勢いでワンナイトしても、後悔するばかりかも。

後悔する女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

“酔った勢いで”とか、“恋人と別れた寂しさを埋めるために”とかで、好きでもない異性と行きずりの関係になったことがある人もいるはず。エッチ中は楽しいでしょうが…翌日、後悔したりしませんか?

そこでfumumu取材班は、ワンナイトを反省した理由について聞きました。


■アソコが痒かった…

「クラブで知り合って、酔った勢いてそのままホテルへ行った翌朝、謎な腹痛&アソコが若干痒かった…。その人と連絡先は交換していたけど、『お腹痛いしアソコ痒いんだけど、なんか病気持ってない?』とも聞けず…。


まぁそのうち痛みも痒みも治まるかな? と思って婦人科にもいかずに出社したけど、全然痛みも痒みも引かず、椅子にじっと座ってパソコン打っているのが超しんどかった。知らない男と寝るもんじゃないなと学んだよ」(20代・女性)


関連記事:「それ、ほぼ交尾…」 色っぽい雰囲気がなく心底驚いたエッチ

■虚無感と空虚感と寂寥感

「ワンナイトをしてもいいことないんだよね。20代半ばの頃は、寂しさをエッチで埋める感じで、よくワンナイトもしていたが、翌日決まって『なんでエッチしちゃったんだろう…』という後悔。虚無感と空虚感と寂寥感が一気に押し寄せる感じ。


その頃はそうやって自分を粗末に扱っていたからか、自尊心が下がってメンタルも傾いていた。今思えば、その頃は感情の起伏がかなり激しかったと思う」(30代・女性)

次ページ ■気になって執拗に執着した

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事