「今日だけは一夜限りでもいいや…」 流されてしまった女子の心理

ワンナイトに流される女性の心理とは?

ベッド
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ワンナイトしてしまった話を聞くと「自制心効かなかったの?」と驚いてしまうことがあるかもしれません。割り切っているタイプもいますが、中にはのっぴきならない理由で流されてしまう人もいるよう。

fumumu取材班は流されてしまう女子の心理を聞いてみました。


①お酒で判断できず…

冷静に判断できずワンナイトを許してしまい、後悔したそう。

「お酒を飲みすぎたとき、ダルくて言われるままなすがままワンナイトに応じてしまった経験があります。冷静に判断ができないので『素敵ならまあいっか』と、シラフでは考えられない思考をしていました。


ただ、実際にその時は満たされても、相手の男性は完全に遊びのつもりなので、どのみち傷つくのは女の方。繰り返さないためには、周囲から厳しく注意してもらうことも必要かもしれません」(20代・女性)


関連記事:本当に恋愛したくてナンパするの? 男性の心理3つ

②かっこよすぎてロックオン

運命の出会いかもしれないと思えてしまうほどの好みのタイプ。出会ったらそのまま…。

「合コンで見た目がどストライクの人からサシ飲みに誘われました。危ないかな…と思わなかったわけではありませんが、もはやワンナイトでもいいかもしれないと思えるほどかっこよくて…。


顔だけじゃなく体つきまで細マッチョで好みだったんです。結局そのまま朝まで一緒に過ごしちゃいました」(20代・女性)

次ページ ③寂しさを埋めるため

おすすめ記事