「自分を褒める」ってどうやればいい? 自分を認めるための“褒め”のススメ

自分自身を褒めるためのアイデアを、fumumu取材班が聞いてきました。

膝を抱える女性
(Kittiya/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

本当はもっと自分を認めてあげたいのに、つい卑屈な言葉を自分に浴びせていませんか? 自分で自分を褒められるようになれば、暗い気持ちに支配されることも少なくなるかもしれません。

fumumu取材班が、自分を褒めるためのアイデアを聞いてきました。


①口に出す

「言葉として口に出すだけでも、効果はあると思います。不思議なんですけど、口に出して自分を褒めているうちに、本当にその言葉通りに思えてくるんです。


私も、始めは『自分すごいじゃん!』『なかなかやるでしょ~』と友達とふざけあっていただけなんです。それが、だんだんと自分への本当の言葉のように思えてきて。口に出すことで、思い込みの効果があったのかなと思いました。


自分への下げた発言を繰り返していれば、その発言のままの人になっていく気がします。どうせなら、なりたい自分への言葉を口に出していきたいですよね」(20代・女性)


関連記事:自分で自分を幸せに! 「私」にやさしくするための3つのポイント

②信頼している人に…

「自分を褒められない人には、まずは他の人の言葉が必要だと思います。私も、自分で自分を褒めるって、なんだか嘘をついている気がして、なかなかできなくて…。


人に褒められたことのあるところなら、『この前褒めてもらったし…』と少しは肯定できるんです。がんばったなとうっすら思っていることを、信頼している人に話してみるのはどうでしょうか。


相手に自分の努力を受け入れてもらえると、やっぱり自分がんばったんだ! と認めることができるんです。人の評価にばかり頼ってしまうのも苦しいけど、始めは人の言葉に頼って、少しずつ自分自身で肯定していけるようになればいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

次ページ ③ジャッジをやめる

おすすめ記事