「ひとり時間」も悪くない 孤独な時間で得られる人生の豊かさとは

ひとりの時間で得られる大切なことを、fumumu取材班が聞いてきました。

部屋でリラックス
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

寂しいイメージが先行している「孤独」ですが、扱い方を知っている人たちは、孤独と上手に付き合っているようです。ひとりで過ごすからこそ得られることも、たくさんあるようですよ。

fumumu取材班が、おひとり時間のメリットを聞いてきました。


①自分を見つめ直せる

「ひとりで過ごす時間があるからこそ、自分自身を見つめ直せると思います。いつも誰かと一緒にいると、自分の気持ちに気がつかないこともありますから。


私が仕事で悩んでいたとき、誰かに相談する時間も大切でしたけど…。同じくらい、ひとりでじっくり考える時間も必要でした。人と向き合っていると、すぐに結論を出さなくてはいけない焦りも生まれやすいと思うんです。


周りの目を気にせずに考えられる時間を作ることで、自分の本音に気がつけるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:無理に飾らない自分でいたい! 自然体で日々を過ごすために意識したいこと

②感情を自覚できる

「私は、自分の怒りや悲しみが、すぐに理解できないことが多いんです。周りの発言に対して嫌だなと思っても、雰囲気に流されて指摘できなかったり…。自分でもなにが嫌だったのかわからずに、ずっとモヤモヤしてしまうこともありました。


ひとりでゆっくりその感情と向き合うことで、『あの言い方が引っかかったんだな』『周りが笑っていたのに傷ついたんだな』と、自分の気持ちを理解することができるんです。起きてしまったことは変わらないけど、自分が傷ついたことに気がつければ対処もできるんですよ。


信頼している人に話を聞いてもらったり、同じ事が起きたときに勇気を出して意見を伝えてみたり。周りのペースに焦って自分の気持ちをないがしろにしてしまう人には、ひとりの時間は必要なんじゃないでしょうか」(20代・女性)

続きを読む ③自分を満たせる

おすすめ記事