休日をより有意義に! 「もう休みが終わった…」の喪失感を和らげる3つの方法

「いい休日だったな」と1日の終わりに思うためには、なにを意識すればいいのでしょうか?

③眠る直前の時間を…

「休日を楽しもう! とあまり意気込みすぎると、私は逆に疲れてしまうんです。休日の過ごし方のハードルが上がって、なにをしても『これでいいのかな…?』と不安になってしまうんですよ。


1日をずっと気分よく過ごすのも、簡単ではないし。休日を丸ごと楽しもうとするより、眠る直前の時間をリラックスして過ごすことを考えるほうが、私はやりやすかったです。


ゆっくり本を読む時間を作ったり、奮発したハーブティーを淹れたり、自分の気分がよくなることを意識的に取り入れています。眠る前の気分がいいだけで、なんだかいい1日だった気がするんですよね」(20代・女性)

「完璧な休日にしよう!」と意気込みすぎるのも、ハードルが上がってしまうかもしれません。

ときには柔軟に予定を変更しながら、自分らしい休日の過ごし方を楽しんでくださいね。

・合わせて読みたい→「毎日同じことの繰り返し…」 気持ちが荒んでいるとき、どう気分転換してる?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事