ローランド、巨乳パッド装着でテンション爆上げ 「階段だったら下見えない」

ローランドさんがYouTubeチャンネルを更新。特殊メイクアーティストのスタジオを訪れ、女性の胸を模したパッドを装着することに。

ROLAND

ホストクラブの経営者でありタレントのローランドさんが21日、自身のYouTubeチャンネル「THE ROLAND SHOW」を更新。

女性の胸を模したパッドを装着し、テンションアゲアゲになる一幕がありました。


■特殊メイクアーティストのスタジオへ

この日、ローランドさんはチャンネルディレクターに誘われ、特殊メイクアーティストのJIROさんのスタジオへ。JIROさんは数々の受賞歴を誇る世界最高峰のアーティストです。

展示ルームに入ると、性別年代様々な人や、ライオン等のリアルなマスクが。ハリウッドではパパラッチ対策でマスクを作るスターもいるそうで、名前は明かせないものの来日時に声をかけてきたスターもいたとのこと。

実際に被ってみてもマスクとはわからないリアルさで、ローランドさんも「ちょっと暑いけど空港から車乗るくらいなら全然いけるな」と大絶賛します。


関連記事:ローランド、横浜流星の悩みに神アドバイス 「年齢は足のサイズと同じ」

■胸パッドを装着し大興奮

そんな流れで、ローランドさんは女性の胸を模したパッドを装着することに。見た目だけでなく重量感もリアルなようで、「女の子って大変なんだな」「重っ」と思わず驚くローランドさんですが、「めっちゃ巨乳」と述べるなどテンションはアップ。

スタッフに対して「どうどうどう?」と尋ねるなど楽しげな様子で、感想を問われると「階段だったらマジで下見えない」と装着した人にしかわからない感想を漏らしました。

続きを読む ■「ロシア人の秘書」

おすすめ記事