志村けんさんが言い残した言葉に… 「改めて寂しい」「涙が止まらない」の声 

志村さんが「志村どうぶつ園」で大切にしていた言葉と家族観とは

志村けん

22日に放送されたチャリティー番組『24時間テレビ43』(日本テレビ系)にて、スペシャルドラマ「誰も知らない志村けん-残してくれた最後のメッセージ-」が放送。

故・志村けんさんが『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)に出演するに至るまでの経緯、そして番組を取り巻く人々について描かれました。


■「志村どうぶつ園」の知られざる秘話

本作は、2020年3月末に急逝した志村さんの生い立ち、TV番組『天才!志村どうぶつ園』に出演するまでに起こった出来事、そして番組全体が「家族」となっていく姿を描いたヒューマンストーリー。

ジャニーズWESTの重岡大毅さん演じるディレクター・保科を中心に実際の映像を交えながら志村さんの素顔が見え隠れする一作です。その他にも嵐の相葉雅紀さん、女優の土屋アンナさん、お笑いコンビのタカアンドトシ、そしてお笑いトリオのダチョウ倶楽部など、志村さんにゆかりのある豪華キャストが脇を固めています。


関連記事:ユーチューブで『志村けんのだいじょうぶだぁ』公開 収益は日本赤十字社に寄付

■最初は良い顔をされなかった

番組の企画を持ち込んだ当初、志村さんはテレビで自身の素顔を見せることはしないことで有名でした。

しかし、ディレクターの熱心なアピールをはじめ様々な要因がかさなり、1度限りの特番はやがてご長寿番組へと成長します。

そんな番組のMCを初回から務めてきた志村さんは、超有名芸能人であるからこそ度々ワイドショーを騒がせることもありましたが『志村どうぶつ園』のことをとても大切にしていたことが明かされました。

続きを読む ■志村どうぶつ園は「家族」そのものだった

おすすめ記事