叶姉妹、人間関係の悩み相談にアドバイス 「孤独」から得るものを伝授

叶姉妹が「自分の意見を言うことでいじめの標的になってしまうかも…」との悩みに回答!

叶恭子
(画像は叶姉妹・オフィシャルブログより)

17日、ブログを更新した叶姉妹は、ファンから寄せられた「友達」についての質問にアドバイス、そして「ひとり」「孤独」の大切さを綴りました。


■いじめが怖くて…人間関係の悩み

叶姉妹は、「人間関係に疲れます」との相談がきたことを紹介。相談者は、友達との会話の中で、自分の意見を言うことでいじめにあってしまうかも…と考えてしまい、楽しくもない輪の中にいる自分に嫌気がさしてしまうそう。

しかし、解決策もなく「自分という存在すらも何なのかわかりません」と悩んでいるようです。


関連記事:長く友達関係だったけど…男子が女友達に惚れる瞬間

■「少し立ち止まって…」

この悩みに叶姉妹は、「いつ自分がいじめの標的になるかと怯えてくらさなければならないなんて、あまりにも辛い日常であると思います」と寄り添いながらも、「友達がいない状態には陥らないようにする」という日々を送っている相談者に「少し立ち止まって考えてみましょう」と、ひと呼吸。

「自分の意見を言うことがいじめの対象になってしまうかもしれない関係などは、本当に『友達』関係であると呼べるのでしょうか」と問いかけます。

続きを読む ■「心地よくもないそんな関係に…」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事